10:00 - 13:00
15:00 - 19:00

休診日:金曜日、日曜日、祝祭日

マタニティ歯科maternity

これからママになる
幸せな女性のために For happy women who will be moms

これからママになる皆様、まずは妊娠おめでとうございます。
幸せな気持ちでいっぱいなのではないかと思います。どんなお子様が生まれてくるのか、
とても楽しみですね。しかし一方で、特に初めての妊娠、
という方は不安に思われることもたくさんあるのではないかと思います。

最近の研究では、妊婦さんに歯周病があると、
早産や低体重児出産のリスクが高まる
ということが分かってきました。
赤ちゃんを万全の態勢で迎えるために、お口の中もしっかり準備しておきましょう。

マタニティ歯科検診

妊娠期のお口を整えましょう

当院では、マタニティ歯科検診を行っています。
妊婦さんは、ホルモンバランスの関係で、歯肉炎になりやすい状態です。妊婦さんに特有のこの症状を妊娠性歯肉炎と言い、重症化すると歯周病へ移行し、早産や低体重児出産のリスクが高まります。歯周病による早産・低体重児出産のリスクは、たばこよりもはるかに高いと言われているのです。妊婦さんは総じて歯周病のリスクが高いのですが、お口の中を清潔に保つことでこの症状を避けることができ、もし歯肉炎になってしまったとしても、軽度で済ませることができます。また、悪阻で吐き気や嘔吐がある場合には、お口の中の環境が悪化しやすく、虫歯や歯周病が進みやすい場合があります。

家庭感染を防ぎましょう

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫歯菌や歯周病菌はいません。生活の中で保護者の方から感染してしまうのです。感染を防ぐためには、赤ちゃんの食器や哺乳瓶を別にしたり、口移しで食事を与えないなどの注意が必要です。また、保護者の方のお口の環境を整え、虫歯菌などの悪玉菌を減らすことで、感染を防ぐことができます。注意点について丁寧にご説明いたしますので、お悩みや疑問点などをご相談ください。

家庭感染を防ぐ
手段を知りましょう PREVENT HOME INFECTION

赤ちゃんが生まれてきてからは、日々がめまぐるしく過ぎ、何をする暇もありません。赤ちゃんが生まれる前に家庭感染を防ぐ手だてを知ることで、しっかりと準備をすることができます。しっかり準備をして、出産に臨みましょう。

  • 子供が産まれる前に、
    一緒に暮らす家族の虫歯菌や歯周病菌を減らす
  • 使用する食器などは分ける
  • 口移しや使用済みスプーンなどで食事を与えない
  • 砂糖の多い食品は避ける
  • フッ素やキシリトールを効果的に利用する